Read Article

Teleのペグも…

tele_keystone_goto_1Key MusicのKey’sToneってブラス製のペグをテレくんにも装着です。
上写真はデフォで付いていたもの。ごくごくですがレリックされてます。続いて下写真、こちらはよりいい感じに経年変化味を出してます。
tele_keystone_goto_2
多少見たくれだっていいにこした事はありませんが、ペグを交換する目的はなんと言っても芯材がブラス製で出来ている、いわゆる1966年まで搭載されていた素材のペグで音色をいかにヴィンテージに近づけか、なのであります。所有のテレは1959 Telecaster Relicなのでドンズバなのです。
好き嫌いは別として響きは変わりますね…交換したらすぐに分かりと思います…多分。ヴィンテージサウンドをはっきり理解していないので(てか持ってないし)、比較は無理ですが、なんかいいっす。製造元はGOTOなので安心感もバッチリ。
サウンドが気に入っていてる方は交換する必要はないですが、ちょっと遊んでみたい方は交換しやすい箇所なので試してみるのは面白いかと思います。レリック仕様でないおニューなペグもございます。

本物をオークションで高額落札するか?新品で精度の高いビンテージ仕様にするか?…ですね。
只今、ゲットしたばかりのストラトにはまっている最中なのであまりかまってやれません(^^;

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top