ロケンロール魂

Helixその1

helix_01

初代Fractal Axe-Fx以来のアンプシミュの巻き。
なんでまたアンプシミュに戻ったのか?まっ、いろいろ事情があるもんです。PODXシリーズにしようかと思っていた矢先にHelixが発表されまして飛びついた訳であります。魅力はフロアー一体型ってところか。FractalやKemperに比べますとお値段も魅力的でございました。

早速開封の儀でございます。箱がばかでかくやっちゃったのか?と思いましたら大きな緩衝材が入ってまして想像通りの大きさでした。
筐体サイズ:56cm × 30cm × 9.15cm
小さくはありませんが、FSが横に6つ並んだ上にフットコントローラーも付いてる事を考えますと妥当なサイズですかね。

ツアーグレードって仕様なため重量はありました…ここは残念
重量:6.6kg
持ち手がないので持ち上げると妙な重さに感じましてケースへの出し入れがし辛い感じがします。まっ、落としても、踏んでも大丈夫らしく?もしかしたらTC G-System並みの堅牢さなのでしょうかね(1度くらいなら戦車が踏んでも壊れないってやつ)。試しは自己責任でお願いします。

「取り説を見なくても直感で操作出来る」とプロモで見聞きしていたので、開封後は感を頼りに自分のシステムと繋げてみました。
XLR OUTのR&LをMAKIE ONYXY 1620のMicへ接続、PANを左右に振って、そこからJBL EON 500のパワードスピーカーへのステレオ出力です。基本接続ですね。
ギターを繋げて適当にフットスイッチを押しまして、Volumeを回しますとあっけなく音出しです…当たり前っすね。
でもね、なんだか音が良く無い(^^; こりゃFractalみたいにIN とOUTの設定があるに違いないとここで初めて取り説の登場です(笑)
ところが箱の中に取説なし、まさかWEBで見ろと?…そんな事はありませんでして、同梱されていたかっちょいいUSBメモリスティックにPDFファイルとして入ってました。パソコンありきなんですね。そのUSBがこちら、真ん中の黒丸のところで回転しコネクタをむき出しにしないで収納出来るスタイルです。

helix_02

で、やはりIN / OUTの設定がGlobal Settingにございまして取説通りに設定。
Fractalみたいにゲイン量をノブで調整するのではなく「ギター」か「マルチ:ギター・AUX・Variaxの同時仕様可能」のどちらかにするだけです。でね、その先にアクティブピックアップ用にパッドの入り切りやら数段階の入力インピーダンスの切り替えが出来るようになってますが、ことインピーダンスに関してはじっくり探らないとなんとも分かりません。
出力は「1/4″ジャック」と「XLR」の出力先によってInstrumentかLineかMicに設定と簡単でございます。これでかなりToneが違うだろうと思ってましたが大して変わらず…おいおい!!です。(あっ、まだ試してませんがPower Ampへの入力では差がハッキリするかもですね。)
ミキサーやパワードスピーカーとの相性もあるでしょうけどそんなはずはないです…と思いたい(^^;

helix_03

結局暫く触っていくうちにパッチで使用しているアンプのLow・Mid・High、Gain、Presence、またキャビのマイク設定をギターマイクによって変えて行かないとあかん!!となりました←当たり前ちゃー当たり前ですけどね。(各パッチはSAVEボタンを押してOKしない限り保存されないのでガチャガチャ思い切って調整しても安心です。)
この頃には基本操作は一通り出来るようになりました…かな? 本当に操作が楽です。直感で操作出来ます。FSの左の上下は通常BANKのUPとDOWN中の8つがパッチチェンジ、右端の下がTAPと長押しでチューナー、でね、右端上のMODEスイッチ…これが良く考えられてる。8つの中からパッチを選択すると液晶に信号の流れと共にエフェクターだったりアンプだったりキャビだったりがその信号の線の上に配置されている図が表示されるのですが、Modeスイッチを押すとパッチだったフットスイッチがそのパッチで使われている各エフェクトに切り替わる。例えばAパッチがComp–OD–Amp–Cabi–Chorus–Delay–Reverbみたいなパッチだったとすると、Modeで切り替えるとパッチのフットスイッチが「Aパッチ」→「Comp」「Bパッチ」→「OD」「Cパッチ」「Chorus」みたいに切り替わりON / OFFやらアサインしての微調整が出来るのですよ。これがいい!!素早く直感的に操作出来るのは◎ですね。

そのモードスイッチがこちら。
helix_assign_03

Mode SWを押すと今までパッチだったスイッチが選択されているパッチの各エフェクトやアンプ等のボックスにアサイン出来るようになります。例えば「SW-01A」が「Comp」に「SW-02A」が「Distortion」みたいに変化しますので1プッシュで素早くエフェクト(他アンプ等)を選択、各パラメーターを調整して音作りします。あっ、2度説明しちゃいました(^^;

helix_assign_06まだPC用のエディターはないのだけれど、自分で作ったパッチの保存、また読み込みが出来るアプリケーション「Helix」がLine6のサイトにございまして、早速DL。左写真(クリックで拡大)左の黒い縦帯がアプリ、後ろがライブラリ。これによって同じくLine6のCUSTOM TONEサイトのライブラリーからUSERが作ったパッチをDL、マシンにインストールして使えるようになるのであります。パッチ作りのお勉強のためにはもってこいですね。試しに10パッチほどDLしました。

いろいろ遊んでましたらあるパッチで先程のModeボタンを押すとFoot SWに「Drive」って文字が出現!!なにこれ? ON/OFFして探りますとAMPの入力Gainがアップする事が分かりました。どうやらAMPのDriveパラメーターにアサインしてるみたいです。

その「Drive」表記がこちら。こちら通常はパッチネームになってますがMode SWを押してあるので書くエフェクトなりが表示されてまして、その1つが「Drive」になってました。
helix_assign_05

こちらが通常のホーム画面。写真はフットスイッチの01A番に「Yoshi 01」ってテストパッチを作ったのでそれが反映されてます。
[Volum Pedal]-[Comp]-[Distortion]-[AMP]-[Cabi-[Modulation]-[Delay]-[Reverb]です。これ一見パラレルチックですが中身はそうではないです(^^;
helix_assign_01

01A番に「Yoshi 01」のフットスイッチがこちら。
helix_assign_02

でそのDriveの話にもどりますが…
AMPの設定画面にした状態で「Drive」(上の01A Yoshi 01の左下にあるやつ)と表示されている下のツマミを長押しするとこんな画面になります。

helix_assign_04

01A Yoshi 01のアンプのConntroller Assign画面です。Driveの長押しで入ったので下のパラメーターはDrive専用のものになります。
まずはControllerを設定するためController下のツマミを回してどの場所のSWにするか、VolPedalにするかを決めます。次Type(ラッチとかモメンタリーとか)を選択したらAMP Gain Miniの数値とMaxの数値を決めてLearn Controllerの下のツマミを押します。続いてもう一度OKって感じで押して登録終了。これで同じパッチの中で2つのゲインのアンプを使えるようになります。実アンプには出来ない技ですね。

今回はDriveでしたが各パラメーターすべてアサインする事が出来るので、使い方次第では今までに無かったサウンドバリエーションを楽しむ事が出来ますね。
…よくよく見ましたら取説に載ってました(^^; 読み飛ばしてましたね…DLしたパッチの設定のお陰で理解が深まりました。

音はまだ好みの音色を作れてないので最高!!とは言えませんが、ピッキングの反応やらギターマイクの操作による絞ったときの出音の感じはいいんでないの〜と思います。それと何よりインターフェイスが抜群です。自分作り込みがあまり得意ではないのですが、これなら!!と思える程です。

アンプ・エフェクターとかなりの数が用意されておりますが、もう少し欲しいと思うのは私だけでしょうか(笑)あれとかあれがあって欲しい(笑)現物と勝負して本家が負ける訳はないと思いますが、シミュの良いところは多くのアンプやらエフェクターがあるところ…そう考えますともちょっとね。本日はこのくらいでお開き、甘いレビューとは言わないで下さい…初触りなのでお手柔らかに(^^;

続く…いっきのレビューは無理ですな。
それと質問は無しです…まだ分かっちゃいません。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おおおっ~! もうゲットですかぁ。いいないいなぁ~。
    ま、宅録メインの自分には不要なんすけど、やっぱあのLINE6の新フラッグシップとなると、と~っても気になります(^_^;)
    レビューの続編、期待しております。

    やっぱフロアタイプでも、まずは机上に乗っけて、ですよね(笑)。

  2. レビュー早いですね!

    今回のHELIXになって、今までのLINE6製品にあった出力先の設定はレベル関係だけになりました。
    今までのSTUDIO DIRECTとかCOMBO FRONT、他の製品ではスイッチによる切り替え(マイクのモデリングがOFFになる)による設定は知らない方が多かったように思います。
    でもここをちゃん設定しないと本来の性能が発揮されず…
    なので僕がPOD関係の説明をする時は、まずそこから入ります(^o^;

    今回は繋ぐ先によって合ったモジュールを選ぶようになってますね!
    こちらのほうが分かりやすいと思いました。

    ライン接続の場合はアンプのみのブロック→キャビブロック(デュアル)が個人的にオススメです(^^)

    先日ライブで使った時はFRYETTE PS-1に繋いだので、プリアンプのブロックのみで使用しました。
    https://youtu.be/Qp91NIs4qaY

    やはりPOD HD500Xとは別格ですね!

    またレビュー楽しみにしております♪

  3. >Joeさん、どもです&座布団3枚!!
    はい、なんとか初回入荷分に間に合いました!!
    まだ性能の1/10も理解出来てないと思いますので、これだ!!と思う事がありましたら備忘録的に綴ろうと思っております。使い方とかヒントとか書いておくと忘れた時に便利なんですよね…検索できるブログの良いところですね。

  4. >阿部さん、コメントどもです。
    レビューと言うよりははじまりはじまり〜的な内容です(^^;
    仰る通りOUTの設定は分かり易いですね。INの方はインピーダンスの調整がありましたが、つめて行かれる方にはありがたいでしょうし、嫌なHighが出てる場合等にはGlobal EQと共に可変させるのも良いかもしれませんね?…理解不足のためまだ触らないようにしてますけど。
    キャビ2発ですね、了解です。キャビはFractalの時に手に入れたIRもそのうち試してみようと思っております。
    ライブ映像既に拝見してますよ(笑)ライブには是非行きたいと思っております。FRYETTEですよね…阿部さんのご紹介ビデオも拝見しました…やはり真空管ですか!!
    AtomicとかMatrixでPower Amp内蔵のころがしが出てるのですが日本未入荷なんですよね。試奏してみたいところです。

    レビューは阿部さんして下さい。Mr Helixに読まれてると思うと恥ずかしいです。

  5. グローバルEQは使う(持っていく)環境に応じて使うと良さそうですね!

    ライブ映像…恐縮です。
    やはり真空管のパワーアンプは良いです!
    PS-1はモノラルですけど、あの値段であのサウンドが手に入るので本当にオススメです。
    ステレオにも拘りがあったので、当初はKochのパワーアンプ買う予定だったんですけどねぇ…

    音出した瞬間に即決でした。
    『ステレオ? ステレオにしたくなったらもう1台買いますわ(笑)』
    こんなセリフまで(笑)

    お気づきかもしれませんが、フットスイッチ上のディスプレイにも保護シート付いてますのでご注意を。
    僕は社長のマーカスが剥がすまで気付きませんでした(^o^;

  6. Helixがいよいよ発売されたのですね?

    まずはGetおめでとうございます。

    マルチは組み合わせが豊富だし、気にいる音に
    行きつくまでは相当弄り具合がありますよね?

    高級マルチも行きつくとこまで行ったという感じで
    これ以上の機能とクオリティーは中々想像できません。

    Fractalと中々甲乙つけられないような気がします。

  7. ゲットおめでとうございます!!
    早かったですね。

    阿部さんのサウンド聞いてますから。
    良いのは解ってますが、ヨシさんのも楽しみです。

    操作に慣れればあとは時間かければよくなりますよ!

  8. >阿部さん、どもです。
    いえいえ、素晴らしいパフォーマンス…生で見たいです!!
    PS-1お勧めですかぁ。Helixをどう使うか明確になるまであれこれ妄想しようと思います(笑) Fryetteのcomming soonも気になります(^^;

    それにしてもインターフェイス良過ぎですね。凄いです!!

    シール、あらっ、そうでしたか。液晶は分かってましたがFWのは気が付きませんでした…歳ですな(^^;

  9. >NAOさん、どもども&あざーっす。
    脱アンプシミュしましたが、I’ll be back!でございます…あっ、過去形っすね(^^;

    今までいろいろとマルチ系を弄って来ましたが、その中でもダントツの分かり易さ、操作のし易さですね。相当練り込まれてると思います。AD /DAがレベルアップすれば実音に近づくはずですものね…後は各メーカーの音決めのセンスですね。
    デジカメの差と似てますね? 解像度が上がる度に良くなるけど色付けの差はあるみたいな。

  10. >主審さん、ちはっす!
    あざーっす!! これでAKLessonで蚊帳の外状態から脱却できます(^^;
    1週早まった感じですね。てっきり日本語訳の取説をプリントしていて遅くなるのかと思いきやPDFでした。PC無い方どうすんだろ。

    一昨日よりは昨日とレベルアップしてますよん。ランドーさんチックな、師匠のパッチまでとは言い過ぎですがなんだかそんな感じのパチモノパッチが出来ました(笑)

  11. Yoshiさん、おめでとうございます。

    HD Pro, HD500x を使用した身としては、興味深々です。(^^)
    写真だけ見ても、ディスプレイのUIの良さ、高級感が分かります。

    こっち(新潟)でも誰か買わないかなぁ。(^^;

  12. >くりばやしさん、ありがとうございます!!

    そのHD500xを購入するつもりでした。友人が一世代前の使ってまして音は知ってましたので…そこへHelixのアナウンス、試奏前から予約でした(^^;
    記事にはエディターがまだ出てないと書きましたが、これだけ分かり易いと別にPCで編集する必要がないかもです。

    誰か?って、くりさんでしょ(笑) FractalとVSレビューお願いします!!

  13. getおめです!
    でも、素人(自分)は手を出さない方が良さげな気が…(笑)。

  14. >りっちーさん、おばんです&あざーっす!
    いやいや、自分も素人だし(^^;
    これ、Toneメイキング超楽チンですよ。是非実機で一度試奏してみて下さいませませ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top