ちと薄かった。

h9_palla

バンドリハでした。
先日のAK Lesson時にお褒めをいただいたミキサーを使った空間系パラリン隊の下準備としまして急遽H9とH9CoreそしてDisastarのMidiスイッチャーを使いMixerはTrialの代わりにXoticで組んでテストしました。前日、つまりは師匠のライブがはねた後にぱぱっと組んだのでパッチも未完成だったこともありますが…残念、薄すぎました。師匠のライブでの空間系プレイがしっかり残っているせいもあり随分とものたらない感じでした。影響を受けまくりだったのでどうにか曲中で違う種類の空間系を使いたい気持ちでいっぱいです。

それとやはりコーラス系はシリーズ接続する方がいいかな? 薄いコーラスも好きですが深いバージョンで使いたい時にパラリンしますと深くはかけれなくなりますからね。この辺りを考えてパラレルミキサーの制作に反映させようかと思います。

ちと薄かった。」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様です!

    ん?Xoticならば、Mixで1:nの比率をコントロールできないんでしたっけ?
    確かに薄めに作っちゃう傾向があるんですよね。(笑)

    掛けるときは思い切ってババーンと!!
    といいつつついついMixの値を左に回してしまうのです。。(^^;;

    TAPを合わせることで深くかけても浮いた感じにならなくなりますよね。
    師匠がライブの時よくイントロでやってるあれですね。

  2. 主審さん、ども。
    はいxotic Stereo X-Blenderは1:nで、nを変えられます。
    なるべくブレンダーのツマミを12時から動かさないようにしましてH9側の出力で調整しました。家ではちょっといかしたほんのり薄い空間系に仕上げたつもりが現場では撃沈、このへんの調整は何度かしないとなかなか良い感じなりませんね…失敗の巻きでした。

コメントは受け付けていません。