Read Article

True Historic 59 Cherry Sunburst

59_ht_vintage_cherry_sunburst_04

Martin OOO45とトレードして手に入れました。これで2ヶ月連続のレスポール買い…自分でも呆れます。
ショップへ行かなきゃ良かった?、弾かなきゃ良かった?
持ち出しが無かったとは言え、とっておきを出してしまった虚しさ侘しさは残ります…今更でしょうけど。

59_ht_vintage_cherry_sunburst_01
代わりにやって来たこの娘、素晴らしいです。ジャラーンとするとフレットに乗せた指が振動します(大袈裟ですが)。アコースティックギターみたいな感じがしました(これまた大袈裟ですが)。

59_ht_vintage_cherry_sunburst_03

57 Gold Topでレスポールは打ち止めと正直思っておりましたし、Cherry SBなんて歳でもないとも、でも鳴らしちゃったのであります。
軽さ故太さがスポイルされているのではと思いましたが、なんのなんの弾き比べするとそんな事もなく出音も大きいです…と言うより大きく聞こえる。そもそも生鳴りがでかい。サスティーン、バイト感共にグッジョブ。クリーントーンでもODでもちゃんと鳴ってくれます(やはり大袈裟ですね)。

見た目虎杢がバッチリ出ているゴージャスさはありませんし、妙な切り株っぽい目が透けて見えるあまり色っぽくない顔つきですが、それがかえって渋い感じになっております。Cherry Sunburstもバッチリ虎杢に比べますと落ち着いた着色になってます。あばたもえくぼなんて良く言ったものでなんだか絵画・油絵チック見えてしまいますw

基本的な作りはTrue Historic 57GTと似てますが、ところどころ59ならではの仕様になってます。ですのでネックなんかはちょい細め…この辺はちゃんと再現されてるのかな。あまり詳しくないのでリアルヴィンテージの差異が分かりません(^^;
Agedですが、こちらTom Murphyさんではないので57GTに比べますと多少ヘタクソです(笑)

59_ht_vintage_cherry_sunburst_02

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2015年5月より「Historic Collection」シリーズを次なるレベルへ引き上げるべく、
今まで生産効率やコストなどの事情で実現が難しかった部分までいよいよ手を入れ、ビンテージレスポールの何たるかを極限まで徹底的にこだわった究極のリイシューとして誕生したのがこの「True Historic」シリーズです。

カスタムショップ内からこのプロジェクトのために選りすぐられた高いスキルを持つクラフツマン約15名が、
その多くの作業を手仕上げで行い、ステップごとの仕上がりを確認しながら作り込んでいくという、
“ビンテージ”が作られていた時代の製法を限りなく踏襲しているのが特徴です。

過去最高の完成度を誇るリイシューモデルでGibsonのフラッグシップモデルとして位置付けられているこの「True Historic」…。
手に取って頂ければその出来栄えは一目(聴?)瞭然なのですが、材、製造方法等々拘りまくったモデルが故、生産本数が極少なのです。
残念ながらどこでもお目に掛かれるという代物では無くなってしまいました。

そんな中今回入荷のこの1本はちょっと衝撃の重量でした。

当店の秤で3.56kgという数値が出ております。
ここまで来ると秤の誤差による微妙な差異の可能性に関して
付け加えないとならなくなりますが、とにかく今までに体験したことのない軽さです。

そしてそのライトウエイトが故の抜群の鳴りの大きさ、倍音の豊潤さはレスポールに精通したお客様にも
驚いて頂けると思います。
とある資料によれば1952年~1960年までのレスポールの中で平均重量が最も軽かった
1959年のオリジナルバーストの平均重量が約3.86kgだそうですから、
この個体の約3.56kgという数値がいかに軽いかが分かります。

ヒスコレのさらにグレードアップバージョンとして誕生したTrue Historicシリーズですが
かねてよりより厳選したウッドマテリアルの使用による軽量化、サウンドの質の向上が指摘されてきましたが
その集約型ともいえる圧巻の1本です。

  • :サンバースト系
  • 状態:S :新品
  • 製造年:2016年
  • ピックアップ:パッシブ
  • ピックアップ構成:HH
  • フレット数:22フレット
  • ネックスケール:ミディアム
  • 重量:3.56kg
  • ボディ材:メイプルトップ/マホガニーバック
  • 指板材:ローズウッド
  • ネックジョイント:セットネック
  • ネック材:マホガニー
  • 付属品:ハードケース
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 凄いの行っちゃいましたね〜おめでとうございます!3.56kgのレスポールって・・・良い音しそうですね!私のレスポールも、3.8kgと4.2kgですが、軽い方がなんか生鳴りも良くて、良い音がしてる感じがします。指板も真っ黒で、良い感じが漂ってますね・・・。羨ましいです( ^^)

  2. >yasu-kさん、どもです&ありがとうございます。
    やっぱりレスポール好きなのかも(^^; ちょっとタイミングがズレた感じですが、GTを行ってなかったら目を向けなかったかもしれません。
    指板はちょい縞模様ですよ。GTは3.96、でLPにしては重い方では無いのですが、この59の後に抱えるとずっしり感はありますね。

  3. おおっ、まさかの2ヵ月連続レスポール! しかも”Trueヒスコレ”!
    恐れ入りました。yoshiさんに比べたら私の物欲なんぞは、まだまだですね(笑)。

    美しいですね~ レスポールのトラ目は、コレくらいの微妙な感じが良いですよね~。
    気になってTrueヒスコレのお値段調べたら・・・ 物欲が一気に萎えました(-_-;)

  4. おめでとうございます!!!
    最近なんかこれ言ってばっかりの気がする。(爆)

    素晴らしい1本ですね。
    これは買わないと後悔しちゃってたんじゃないですか?
    まぁ、できればマーチンも置いときたかったとは思いますが、
    まあ、結果的には仕方がないんじゃないでしょうか。

    昔のGrecoのEGF-1800がこんな色使いだったのを思い出しました。
    激渋です!
    その鳴り体験してみたいっす。

    真実の歴史兄弟強力です。

  5. >Joeさん、どもです。
    そーなんです、まさか…生涯初です。しかも連続レスポール…まさかです。

    てっかてかの虎杢でなかったのはある意味私には丁度良かったと思います。枯れ具合が出てる感じで気に入ってます。
    1本目は無理しましたが、この娘は過分な交換だったのでなんとかです。嫁に出した寂しさはありますけど。

  6. >主審さん、おばんです。
    何度も何度もありがとうございます。
    いろいろ見てみますと、2016年モデルは結構軽量な竿が数多く入荷してるみたいです。そのうち3.3kに近い竿も出て来そうな勢いです??

    仰る通りMartin、ぷち後悔はしております。査定している時にこれはいい1本ですねぇ、サスティーンも長いし、材も素晴らしい…なんて言われちゃいまして複雑な気分でした。

    Grecoすっかぁ。やまさんの購入してたらレスポール行かなかったかもです(^^;

  7. 立て続けのゲットおめです!
    やっぱりヨシさんの選ぶモノは違いますね。
    虎目もハデに出てるより、こんな感じの方が味わい深くて良いですね!
    でも、ヨシさんならホンモノ買っちゃった方が…(笑)。

  8. >ゆるげんさん、どもども&ありがとうです!!

    いえいえ、たまたまです。流石にLP2本は自分でも阿呆だと思います(^^;
    本物は買えませんし、私には維持出来ません。後世に残すにはそれなりの方が宜しいかとおもーちょります(^^;
    リアルヴィンテージ、や・は・り、りっちゃん向きですって!!

  9. Yoshiさん、凄すぎます!
    Getおめでとうございます。
    いい色ですよ。ホント!
    こいつがやっぱりレスポールって感じで見ていて楽しい!
    トラ目もいいんですが、これくらいの方が程よくていいですよ。
    レスポールにしては質量軽いですねぇ~。
    密度が低いのでしょうか?
    低音の出方とかが少しマイルドになりスパークル
    というか倍音のノリが良くなるのでしょうかね?
    ゴールドトップとの比較も面白そうですね?

  10. >NAOさん、おばんです&ありがとうございます。
    美人面ではないんですが、なんかハマってしまう顔つきなんです(笑)
    重量が軽いのですが低域もあまりスポイルされていない様に感じます。仰る通り倍音のノリは良いと思います。
    GTとはまた別モノって感じです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top