Warning: Missing argument 1 for get_category_link(), called in /home/users/0/chicappa.jp-rockenroll/web/tamacy/wordpress/wp-content/themes/dp-elplano/inc/scr/breadcrumb.php on line 61 and defined in /home/users/0/chicappa.jp-rockenroll/web/tamacy/wordpress/wp-includes/category-template.php on line 19
BludoDrive退院

BludoDrive退院

およそ一月前にリペアに出したBludDriveが修理を終えて戻って来た。 本年初めに遙々太平洋を超えて到着した時から原因不明の異音&突然消音問題、初期不良ってなつですな。症状が毎回出る訳ではなく忘れた頃にボソボソ始まるので始末に負えなかった。メーカーの対応も親切ではあったがらちがあかない。そこで思い切って日本の...

carruにcalla

carruにcalla

エースのカラちゃんがMod(と言う程ではないが)からご帰還。今回はマイク・キャパシター・ABR-1の交換を予定していた。が、匠がマイクとキャパは交換しない方が良いのでは、なんて商売っ気無しの逆ご提案、気持ちがうれしいねぇ。お言葉通りそちらのModは見送り、以前Xotic XS-2に搭載したカラハム製ABR-1の取り付け...

修理とMod

修理とMod

ボソボソって音がし始めると突然音がでなくなるメインアンプを修理に出す事にした。同じ環境でテストしたいと言うことでHead,Cabi,Foot-SW,ケーブルと一揃えで持ち込んだ。ケーブルをキュキュっと回したり、脱着したりする事で復活した?事もあったが、そんな事を気にしながら使い続けるより原因を究明&修理した方がと思った...

予備に

予備に

ES-335のリプレイスメントパーツとして60年代のふたコブKlusonペグ、Sprague Bumble-Bee 0.022uF400Vを用意したのだが、それとは別に70年代モノのふたコブKlusonとやはり0.022uF400Vのキャパシタをオクで購入。ペグは完全に予備部品としてだが、Bumble-Beeは最近出番...

月桃 Guitar

月桃 Guitar

リプレイスメント・パーツの調査&取り付けに出していたXotic XS-2が戻ってきた。イナーシャ・ブロックを交換するのが目的であったが、それに伴いトッププレート及びトレモロアームの交換をした。

Arm

Arm

調査の結果無事イナーシャブロックは収まってくれた。Topプレートも現行のネジ穴にうまくフィットしてくれたみたいで、ボディ加工せずにリプレイスすることが可能と判明。自分としてはTopプレートまで代えてみたかったのでホッとしている。そうなると次はトレモロアームである。XS-2デフォルトのものは使えないのでFenderオリジ...

イナーシャブロック

イナーシャブロック

懲りずにリプレイス計画。今度はXotic XS-2のイナーシャ・ブロックをヴィンテージストラトタイプのモノに交換予定。現在自分の個体にサイズが合うか調査中なのである。ストラトの弦交換時、弦を初めに通す、ボディに埋め込まれた金属のブロックの事なのだが、そんな名称だとは知りませんでした。それに伴いTop Plateの交換も...

335(改2)

335(改2)

ABR-1の溝切り&調整に出していたES-335が戻って来た。米国から取り寄せたABR-1用のねじねじ部品も一昨日到着したので他に入手してあった部品も合わせてこの機に取り付けた。今回のリプレイスメントはABR-1・ねじねじ・ストップテールピース・スタッドの4箇所であった。335を手にしてから短い期間にその他マイクとペグ...

とどめのSTP

とどめのSTP

ストップテールピースの交換まではしないつもりだったのだが、これまた説明文にしてやられた。「入念なサンプリング調査、レーザー三次元スキャナー、当時と同じ金型を使用、圧力を掛けて製作するダイカスト製法で一つずつ丁寧に製作、形状・重量・素材・強度・音響特性も当時を再現」縁日でだまされやすいタイプの人間にはもってこいのうたい文...

ABR-1

ABR-1

昨日スタッドの交換をすることにしたばかりだが、ついでにもう一つ。弦の枕ABR-1を交換することにした。ビンテージ化と言うよりこの部位のリプレイスでどのように音が変わるのか、そりゃ良い方向へシフトしてくれるに越したことはないが、ここまでリプレイスメントしだすともう止まらない、やっちゃるって感じか。モノは削り出しのカラハム...

Return Top